行ってきました東京ドーム!
観てきました聴いてきましたポール・マッカートニー! ベースもギターも左手! 本物!!

ビートルズの曲から、ウイングスやソロの曲…
奥さまのナンシーさんに捧げる曲、去年作った曲…
エレキギターにベース、アコースティックギター、ピアノ、ウクレレまで、次から次へと楽器を取り換え、歌い、ときに踊り、観客に話しかけ、コール&レスポンス等で盛り上げるその姿は間違いなくロックスターでありエンターテイナーでありました。

----------
1曲目は「A Hard Day’s Night」。そして、「コンニチワ、ニッポン!」「コンニチワ、トーキョードーム!」と日本語であいさつ。
なるべく日本語で話そうとする姿勢にサービス精神と人懐こさを感じました。「ザ ビートルズ」と日本語風に発音するのがおもしろかった 笑
「イッショニ、ウタオウヨ」と言って「Ob-La-Di, Ob-La-Da」を演奏したり。

印象的だった曲を、思いつくままにつらつら書くと。
「ジョンニ、ササゲマス」と言って演奏された「Here today」(この曲知らなかった)。
ビートルズが初めてレコーディングしたという「In Spite Of All The Danger」。クオリーメン時代の曲だそうです。コーラス美しかった。
「コノキョクハ、トーキョードーム、ハツコウカイ」と紹介された「I Wanna Be Your Man」。かっこいい。1966年来日時の武道館公演では、リンゴ・スターのヴォーカルで演奏されているそうです。
「ジョージニササゲマス」と言ってウクレレで演奏された「Something」。いい曲だなあ…と改めて。ポールも「ジョージ、素敵な曲をありがとう」と言っていた。

個人的にうれしかったのが、一時期参加していたセッションで取り上げた(わたしはボーカルと鍵盤を担当)「We Can Work It Out」と「You Won’t See Me」の2曲が演奏されたこと。どちらもとても好きな曲。
「You Won’t See Me」は先日の武道館では演奏されず、日本初披露ということになるらしい。ラッキーでした。

----------
他の演奏者は、ギター、ベースandギター、ドラムand パーカッション、キーボードetc、という構成で、小編成のバンドスタイルがビートルズを思わせました。やはりこのバンドスタイルがポールの原点なんだろうな、という。
皆さんコーラスもできる方々で、それも大事な要件なのだろうなと思った。

----------
それにしても、東京ドームは巨大でした。ポールたち演奏者は小さな点くらいにしか見えない。オペラグラスで必死にのぞく。のぞきっぱなし。
演奏者との距離があるのはつらい。演奏者との距離の近さと楽しさは比例すると言っても過言ではないと思うので。その点だけが残念だった。仕方ないけど。
収容人数4万8000人って…わたしには初めての体験でした。
ポールはこんな巨大な会場でも、(いや、だからこそ、)右側に左側に、前方に後方に手を振ってくれた。一人一人に音楽を届けようとしているのが伝わってきた。

----------
歌声は力強く、若いころと変わらず、あの、ビートルズのポールの歌声なのでした。それはもう夢のような出来事で、感激しっぱなし。
演奏した曲は32曲+アンコール7曲(!)で39曲!! これを休みなく演奏! 若くても大変なことなのに、74歳(もうすぐ75歳)という年齢を思うと驚くばかり。

アンコールを演奏した後の最後の言葉は「マタアイマショウ!」でした。今回行けなかったみなさーん、きっとまた来てくれますよ〜!
実に盛りだくさんな、素晴らしいロックショーでした! ポール、ありがとう!

 


(↑「Being for the Benefit of Mr. Kite!」演奏時のもの。舞台がサイケデリックカラーに!)
 

----------

以下、ネットで発表されていたセットリストです。
01. A Hard Day’s Night
02. Junior’s Farm
03. Can’t Buy Me Love
04. Letting Go
05. Temporary Secretary
06. Let Me Roll It
07. I’ve Got a Feeling
08. My Valentine
09. 1985
10. Maybe I’m Amazed
11. We Can Work It Out
12. In Spite of All the Danger
13. You Won’t See Me
14. Love Me Do
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. Queenie Eye
19. New
20. The Fool on the Hill
21. Lady Madonna
22. Four Five Seconds
23. Eleanor Rigby
24. I Wanna Be Your Man
25. Being for the Benefit of Mr. Kite!
26. Something
27. Ob-La-Di, Ob-La-Da
28. Band on the Run
29. Back In The U.S.S.R.
30. Let It Be
31. Live And Let Die
32. Hey Jude

encore
33. Yesterday
34. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
35. Hi, Hi, Hi
36. Birthday
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End

 

去年(2016年)の大晦日、紅白を観ていたら、突然、「来年日本に行くから!」というポール・マッカートニーからのメッセージVTRが。
「ポールちゃんがもしまた日本に来たら、次こそ行こうね」と話していたわたしたち。チャンス到来! 行くしかない!

ここ数年、ポール氏は2年おきくらいに日本に来ていて、2015年にはもうこれで最後ではということでものすごく盛り上がった。
そのため食傷気味なのか飽きられたのか、今回マスコミの取り上げなさといったら。ちょっと心配になるくらいだった。

そんななか、23日に羽田に到着、昨日(25日)は武道館で大いに盛り上がった模様。
やっとここ数日ニュースを賑わせるように。
そしていよいよ明日はわれわれも参戦する東京ドーム!

あー、ドキドキワクワクして落ち着きません。
ジョン派のわたしがポールのライブに行く日が来るとは不思議ですが、ビートルズのアルバムかけて、ポールの名曲聞くと涙が出ちゃうもんね。。もうどっち派とかどうでもいいね。

名曲の数々にしびれたいと思います。行ったらレポート書きまっす!

ハーブの仲間が増えました。
左写真:左がセージ、右がオレガノ。

右写真:イタリアンパセリ。
あら、ちょっと黄色く変色してるけど。

 

これでサイモン&ガーファンクルが「スカボロー・フェア」で
Are you going to Scarborough Fair? Parsley, sage, rosemary and thyme,…
と歌う、パセリ、セージ、ローズマリー、タイムの4種類がそろいました。
ベニシアさんが、この4種類があれば大体足りるとおっしゃっていたっけ。

ローズマリー(左)とタイム(右)には花が咲いています(わかりづらいけど…ローズマリーも真ん中左あたりに1つだけ…)。



レモンバームのお茶習慣も、春になって復活。
毎日摘んでもこんなにわっさわさ。



それぞれ上手に使っていけるかな〜?
オレガノはピザなどのトマトソースに、セージは手作りソーセージなど肉料理全般に。
イタリアンパセリはお料理の飾りつけにもアクセントとして使えて万能かな?
上手に使っていけるよう、勉強して実践しなくちゃね。

図書館で「子どもに本を―石井桃子の挑戦」という映画を観てきました。
ノンちゃん牧場、 子どもと文学 で、合わせて84分のドキュメンタリー映画。

児童文学の翻訳者、編集者、作家として幅広く活躍し、2008年に101歳で亡くなった石井桃子さん。たぶん日本の子どもでこの方のお世話になっていない人はいない。訳書や本を読んだことがなくても。日本人がうさこちゃん(ミッフィー)やピーターラビットを知ることになったのはこの方のお仕事によるわけだし。

ノンちゃん牧場の開始後3分くらいで、ちょ、ちょ、ちょっと待って! となる。内容が濃すぎて。もっとゆっくり、薄めて、時間をかけて語ってほしいような驚きの事実の連続でした。
石井さんは1944年、労働科学研究所で秘書として働いていたとき、川崎の工場において知り合った狩野ときわという女性と意気投合し、寮に寝泊まりするほどに。
狩野ときわさんは、秋田県から勤労動員された「女学校挺身隊」を率いて川崎の工場に来た女性。

石井桃子さんと秘書というのが結びつかないし、工場の寮に寝泊まりとか、女性と意気投合とか…何何??

さらに、畑を耕し、晴耕雨読の暮らしがしたいという石井桃子さんの願いを聞いた狩野ときわさんが、「それをやりましょう!」ということで、1945年8月15日(という日時がまた!)、宮城県栗原市鶯沢へと赴き、開墾と農作業に勤しむことになる。
のちに牧場も経営するようになり、「ノンちゃん牧場」と呼ばれるようになった――。

し、知らなかった。全然。。
「山のトムさん」は牧場での飼い猫をモデルにしたお話だし(未読ですが)、わたしの大好きな「くいしんぼうのはなこさん」もこの環境から生まれたお話だったんだなぁ、きっと。

思えば、前々から石井桃子さんのことは、その経歴や生涯独身だった私生活などについてはあまり明らかにされていないと思っていた。
没後、亡くなる前年に出た「ユリイカ」の特集は購入して読んだけれど、そのあたりが書かれていたかは記憶にない。

今回映画を観て、石井さんの小説、「幻の赤い実」(上下巻でボリューミー)で、仲の良い女性二人が登場することを思い出した。ご自身と狩野ときわさんがモデルなのかしら。また読み返してみたい。
それと、「ひみつの王国:評伝 石井桃子」という本が2014年に出ていることを知った。これは読みたい!
亡くなって10年近くたって、色々なことが語られ出したのですねきっと。

映画を観た後、色々な思いでじーーん…として、涙、涙でした。
穏やかで物静かな中に秘めた情熱。本当に子どもが喜ぶ本とはどうあるべきかを追求し続け、挑戦し続けた生き方。そしてわたし自身が幼いころよりそのお仕事に育まれてきたことを思うと、もう。胸がいっぱいでした。

まだまだ読んでいない子どもの本、読み返したい子どもの本がたくさんある。大人だけど、これからも読み続けていきたい。子どもの本万歳!

甥っ子近影。もうすぐ3歳。お目目くりくり、まつ毛の長いプリティーボーイ。
赤ちゃん脱却、かな? だいぶ子どもっぽくなってきた。

車が大好き。
左写真はよく見ると両手にミニカー。
右写真はミニカーの積み重ねに挑戦中。真剣、かつめっちゃ楽しそう。

先日は保育園の友だちにショベルカーとホイールローダーを借りたところ、一緒に眠るほど気に入ったため親が同じものをAmazonで購入。
本人は「宅急便トラックのおじさんにもらったの」と嬉しそう。

車の世界、もうすでにわたしにはついていけません。。ホイールローダーって何だ??
2歳にしてすでにあなたのほうが詳しいわ。男の子って、男の子って。。ああ、あなたは間違いなく男の子!
 
動物も大好き。本に載っていたゴリラの顔真似。
うまいっ! そっくりっ!!

「ラジオ英会話」を聞いて1年たったことだし、今の実力を知るのも良いかと思い、NHKの「英語力測定テスト2017」を受けてみました。一昨年にも2016年度版を受けました

まずは基礎編。
文法/ビジネス問題と、会話/表現問題と、リスニング問題と3つに分かれて各5問ずつ、1問10点で、150点満点。
リスニングを1つ間違えて140点でした。B1レベルということで、ラジオ英会話のレベルと合っています。

去年はB1の1つ下、A2のレベルでした。
文法のレベルは多分変わらないけど、会話とリスニング力がちょっとだけ上がったんじゃないかと思う。
話す速度が非常にゆっくりに感じました。
それでもわからない部分はわからないのだけど、通常の会話ではありえないくらい、とーーっても遅い速度で話してくれていることだけはわかります。

文法も、会話も、易しい問題です。
この結果だと応用編も受けられるとのことで(去年はA2判定だったので応用編は受けられず)挑戦してみたら、文法からいきなり難しくて…
結果は、50点…! ショックですが、これが現実。
応用編は、ぐぐーーっとレベルが上がります。単語・イディオムがわからないし、リスニングも、何について話しているのか全然わからない、というのもありました。
わかったのは、いつも聞いているラジオ英会話のケイティ・アドラーさんの声だ! ということだけ。。
そんなことがわかってもしょうがないわけで、わ、わかりません…助けてケイティさん…! と思いながら聞いていました。

応用編に歯が立たないのはショックだけど、去年より少しは上達したのだから、がんばったねと自分をほめて、ちょっとだけ自信をもって、張り切って続けていこう。落ち込んでいる場合ではない!

ちなみに「ラジオ英会話」以外でわたしがたまに聞いているNHKラジオの英語講座は、「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」と、「英会話タイムトライアル」です。1週間前の放送のストリーミング配信をiPhoneで聞いています。

前者は「1日たったの5分間。辞書なしで『読めた』『聞けた』を毎日体感!」ということで、会話形式のショートストーリーとか日本の昔話とかをわかりやすくゆっくりとした英語で聞かせてくれます。
わからないことも多々あるけど、何となくでも「わかった!」が体感できると楽しくて。

後者は言いたいことを簡単な表現でとっさに言える力(=英語の"瞬発力")を鍛えるための番組で、講師やパートナーと模擬会話を行います。
例えば、この間聞いたのは、「風が強いですね」と話しかけるとき。“Windy, isn’t
it?”と言うそうです。言われたほうは、“Yeah. I think so, too.”などと返す。
そんな、簡単だけど、いざというとき何と言ったらいいかわからない! というフレーズを毎回教えてもらい、番組内で練習できるという番組です。使えそうなフレーズ満載で勉強になります。これは10分の番組。

それにしても、外国語の習得って、難しいね〜。ニュースで聞こえてくる英語もちんぷんかんぷんだもの。
あまりにわかんないと、英語の習得なんて無理では…やるだけ無駄では…との思いも頭をもたげるけれど、いやいやせっかく習慣化できたのだから、石の上にも3年と言うし、少なくともあと2年はやってみようと思い直すのです。
楽しみながらがんばるぞ〜♪

昨日の夕飯は、餃子を作りました。
豚バラ薄切りをフープロでミンチに。皮も粉から手作り。

1人ですべてこなすのは厳しいので、餡作りは夫、皮作りはわたし。1つずつ伸ばして包むのは2人でやりました。

 

これは絶品。もっちもちでおいしいことといったら! またまた新たな発見。このおいしさのためなら、ちょっと大変でもきっとまたやってしまうわ〜〜

その他献立:ワカメと新玉ねぎのおかか炒め、レタスとエノキとミニトマトのサラダ with 玉ねぎドレッシング(写真には写ってないけど、フープロにかけた玉ねぎを丸一個使った、しょうゆベースの和風ドレッシングを作った)

ベランダのパクチーもちょっとずつ大きくなってきてるし、そのうちパクチー餃子も試してみたいな。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

kuroneko

booklog

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • こねて伸ばして包んで焼く〜皮も手作りの餃子〜
    ゆき
  • こねて伸ばして包んで焼く〜皮も手作りの餃子〜
    lalune
  • こねて伸ばして包んで焼く〜皮も手作りの餃子〜
    ゆき
  • こねて伸ばして包んで焼く〜皮も手作りの餃子〜
    lalune
  • こねて伸ばして包んで焼く〜皮も手作りの餃子〜
    ゆき
  • こねて伸ばして包んで焼く〜皮も手作りの餃子〜
    lalune
  • こねて伸ばして包んで焼く〜皮も手作りの餃子〜
    lalune
  • こねて伸ばして包んで焼く〜皮も手作りの餃子〜
    ゆき
  • こねて伸ばして包んで焼く〜皮も手作りの餃子〜
    lalune
  • こねて伸ばして包んで焼く〜皮も手作りの餃子〜
    ゆき

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM